二世帯では、ともにどう暮らしていくかが大切になります。 すべてを別にする分離型から共有スペースを多く持つ融合型とスタイルは様々です。
日々の暮らしが快適でストレスなく過ごせるように。
そして、後々の家族のカタチやライフスタイルが変わっても永く住み続けられることが大切であると考えています。
また、永く健康にお住まいいただくために、高気密高断熱にこだわりご家族さまだけでなく家の寿命も長くお使いいただけるように家づくりを進めております。

ふれあい同居型

玄関も水廻りもすべて二世帯で共有するタイプ。 個室空間は、分離させてプライベートに配慮。
ご要望によって、ミニキッチン・サンルーム・リビングなど 子世帯空間に設置。
二世帯スタイルの中で一番多いのがこの融合スタイルになります。


左右分離型

住まいを上下に分けて、2世帯が住み分けるタイプ。
水廻り・LDKなど左右分離型と同じように生活空間を分離し、中での行き来が可能となります。
分離型で比較的多いタイプです。


左右分離型

住まいを上下に分けて、2世帯が住み分けるタイプ。
水廻り・LDKなど左右分離型と同じように 生活空間を分離し、中での行き来が可能となります。
分離型で比較的多いタイプです。


母屋+離れ型

敷地に余裕がある場合などにおススメしています。
建物が独立しているので、一番世帯のプライバシーが 保てるカタチであり、将来的にライフスタイルの変化にも 様々な対応ができます。



二世帯といっても、いろいろなカタチがあります。
昔はともに暮らすことが当たり前でしたが、だんだんと生活スタイルの違いなどから単世帯で建てる方も増えてきました。ただ二世帯には、 お互いの安心感という大きなメリットや子育てのサポートができることも大きな魅力であると考えます。
お子様にとってもたくさんの愛情を受けながら育つことは豊かな人間形成の場となるのではないでしょうか。
共に暮らすには、どうすればいいのか家族の数だけいろいろなカタチがあります。
ご家族様にとって一番よいスタイルをご提案いたします。
そして、メープルホームの家づくりはご家族様が健康で快適に暮らせるように住まいの性能にもこだわっています。

二世帯で暮らすっていろいろ大変なのでは?
というお声をよく耳にしますが実際にお住まいの方にお聞きすると、メリットの方が多いように感じています。

ただ、2つの世帯が暮らす事で物の多さが問題となることもしばしばあります。
ご家族様とご相談させていただきながら、
整理すること収納スペースそして家事動線など女性目線でのご提案をいたします。


実は多くの人が二世帯住宅を考えています。

住宅購入検討者の42%が二世帯住宅に関心があることが、ある調査によって分かったそうです。
この調査は住宅購入を検討している20~69歳の男女300人に聞いたもので、「今後の住宅購入で二世帯を検討するか?」の質問には、「具体的に検討している」「検討しようと思っている」 「いずれは検討しようと思う」の3つの回答割合を合わせると、42.4%に上ったとのこと。
二世帯住宅を検討する理由には、購入の際の費用面だけでなく、「親の老後を心配して」が53.5%でトップ、ほかにも「家事や育児を協力して行えるから」28.3%、といった「家族全体のこと」を理由に上げる事が多いようです。
出典:住宅新報web「大成建設ハウジング調べ 42%が二世帯住宅に関心 理由は「親の老後が心配」が過半」(大成ハウジング調べ)
http://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000018580  (2017/07/11)





二世帯住宅の良いところ、ちょっと気になるところ

二世帯住宅は生活スタイルが異なる家族が同じ家に住む、ということです。
一緒に暮らす人数が増えればそれぞれに生活のリズムがあり、時間の使い方や暮らしの中で

家に求めることや重要度なども異なってきますので、
しっかりとメリットとデメリットを考慮して計画を立てていきましょう。

 


「満足度が高くなる!?生活空間分離とは?分離とは?」

親世帯と子世帯がキッチンや浴室、玄関を分けて暮らす「独立二世帯住宅」と、 水回りなどを共用して一緒に暮らす「一体同居住宅」について、調べた結果によると、同居に対する満足度は「一体同居住宅」の66.3%に対し「独立二世帯住宅」では93.6%と高く、 「一体同居住宅」に住む人の「同じ家に住んでいる感覚」が87.3%である一方、「独立二世帯住宅」は 70.1%が 「別々の家に住んでいる感覚」を持っているなど、 生活空間を分離することで二世帯住宅での満足度が高まる傾向にあることがわかったそうです。 調査の中で「自世帯の生活リズムで暮らしたい」と答えた人は「独立二世帯住宅」92.2%、 「一体同居住宅」80.4%といずれも高い割合となっていることもあり、空間の分離度を高め、 互いに自分達の生活リズムを保つことでメリハリある交流が生まれ、 満足度が高まると分析しています。



家族構成 曾祖母・親世帯(夫婦)・子世帯(夫婦 お子様2名)
安心感があるこのスタイルが気に入っています。
わが家は、玄関は一つにその他は分離型の二世帯住宅。4世代で暮らしています。
最初に家づくりを考えた時に、2世帯がいいのか悩みましたがコスト面や環境などを考え、
何よりも一緒に暮らす事にみんなが賛成してくれたことで決断することができました。
1階は親世帯2階が子世帯と上下で分けています。
普段の暮らしは、お互い程よい距離感で過ごしていますが、 いつも誰かがいると感じることができると安心感と子育てがひと段落して働きに出ても子供を一人にしないで済む環境があるのはいいことだなって思っています。
それから、子供たちがひいおばあちゃんとカルタなどで遊んだり日頃から祖父母、曾祖母との経験が、 目上の人と自然に接することができるように育っていることを嬉しく思っています。
生活面では、水廻りを別にしたことは良かったと思います。玄関を一つにしたことは、特に影響はなかったです。


家族構成 親世帯(夫婦)・子世帯(夫婦 お子様4名)
家族で賑やかに暮らしています。
一緒に暮らすなら、みんなで賑やかに暮らしたいと思い個室以外は共有にしています。
みんなが集まる大きなLDKで食事をしたり、
子供の世話も両親に頼んだり大家族でホントに賑やかに暮らしています。
家づくりを考える時に二世帯は最初から決めていたので後は、 家族の要望をどう入れていくかでいろいろ相談しました。
父は野球のナイター中継を見るのが楽しみだから食事をしながら楽しめるように、 母は、植物の世話が好きだから趣味を楽しめるように、 洗面室と脱衣室を区切ってプライベートなところも確保できるようにしました。
子供たちも姉弟4人となり賑やかに楽しく暮らしています。




お問い合わせはこちら 二世帯住宅のこと、もっと相談したい